Welcome to my Blog !!
毎日このままでいいのか?
でも何をしたらいいのか分からない。
そんなサラリーマンへ。
脱サラ・起業・独立・開業をめざすサラリーマンへ
自分らしく、好きなことを仕事にする生き方を提唱します。
サラリーマンの皆さん。必読です!
物語になっていますので初めての方は最初(2006.7.17)からご覧下さい。
● 自己紹介
● 日記の分類−目次−


● 最近の日記
● 過去の日記【月別】
● 最近のコメント
●お気に入り
おせっかい
おせっかい (JUGEMレビュー »)
ピンク・フロイド
「狂気」「炎」など素晴らしい作品があるが私はこれを一押ししたい。23分間のエコーズはお酒を飲みながら聞いていると宇宙にトリップしてしまう。そんな音楽は他に無い。
●お気に入り
トゥルース&ベック・オラ
トゥルース&ベック・オラ (JUGEMレビュー »)
ジェフ・ベック・グループ
ロッドスチュアート、ジミーページ、ジョンポールジョーンズが参加するまさにスーパーグループ!ブルースを渋く聞かせてくれる。
●お気に入り
ブラック・ナイト=24カラット(紙ジャケット仕様)
ブラック・ナイト=24カラット(紙ジャケット仕様) (JUGEMレビュー »)
ディープ・パープル
10代の頃聞いていた最高にカッコイイベストアルバム。
これ以上カッコイイサウンドは無し!
●お気に入り
Presence
Presence (JUGEMレビュー »)
Led Zeppelin
zep後期の最高傑作。
メタルだがブルージー。大人の音楽。
アキレス最後の戦いは特にセクシー。25歳の頃、将来コンピュータソフト会社を作ってシステムプレゼンスという社名にしようと決めていた。
●お気に入り
Slowhand
Slowhand (JUGEMレビュー »)
Eric Clapton
数あるワンダフルトゥナイトの演奏の中でもやはりこのアルバムで聞くのが一番いい!
早弾きでもスローに見えるGodhand
●お気に入り
ホテル・カリフォルニア
ホテル・カリフォルニア (JUGEMレビュー »)
イーグルス
真夏のドライブはこれしかない!言わずと知れた名曲から始まるのだが、アルバム全体のトータル感も素晴らしい1枚
●お気に入り
Harvest
Harvest (JUGEMレビュー »)
Neil Young
ニール・ヤング最高傑作
高校の文化祭で「words」を演奏しました。
ちなみにピアノを弾いておりました。
●お気に入り
シルク・ディグリーズ
シルク・ディグリーズ (JUGEMレビュー »)
ボズ・スキャッグス
お洒落な音楽とはこういうのを言うんだ!と安アパートで自分がお洒落になったような気分にさせてくれた。名曲ウィア・オール・アローン収録
●お気に入り
Blow by Blow
Blow by Blow (JUGEMレビュー »)
Jeff Beck
天才ギタリストが奏でるインストルメンタル。ジャズっぽいサウンドに酔いしれる。「哀しみの恋人たち」が切ない。次の作品「ワイヤード」の方がパワーアップしているが個人的にはこちらの方が好き。
●お気に入り
 (JUGEMレビュー »)

デジャヴ
ロック界不滅の名盤。
アコースティックギターとコーラスワークは今聞いても最高の音楽。
●リンク
●記事に関するmono
●遊びに来てくれた人
● 携帯用CODE
qrcode
● その他
Welcome to my Blog !!
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています



|-||-|-|
bot
夜中に警察から電話が・・・。
2年前のクリスマス・イヴ。
めずらしく家族全員で楽しい食事のひとときを過ごし就寝。

しかし午前1時前、電話がなる。
夜中に鳴る電話なんてろくなことが無い。
案の定、警察から。
「娘さん(当時19才)が交通事故に合いました。すぐに病院へ行って下さい。」
他のことは何も教えてくれない。分からないのかもしれない。
軽症なのか重症なのか危篤なのか?
夫婦2人で行く病院までの道のりは、かつて経験したことのないドライブになった。
雪が降っている。
本来ならロマンティックなホワイトクリスマスだったろう。


続きを読む >>
家族・友人16:09comments(2)trackbacks(0)
bot
不思議ちゃん
あなたはおさななじみの異性の方とまだお付き合いはありますか?

私は小学校4年生の時に同じクラスで学級委員をいっしょにした女の子といまだにお付き合いしています。
それが初恋だったのかもしれません。
かれこれもう40年。
でも同じクラスになったのはその後、高校1年生の時だけ。

その子の家にお盆に会いに行きました。
なぜ未だに付き合えるかというと、私の高校時代の親友と結婚したから。
そしてもうひとつの理由は・・・。


続きを読む >>
家族・友人16:02comments(3)trackbacks(0)
bot
娘の再手術
2006年1月末。

大腿骨骨折というのは本当に重症だ。
事故に会ってから1年経った。

今度は骨と骨を繋いでいるボルトを抜く手術だ。
また一ヶ月の入院。

で、一ヶ月後、やっと退院できる時の先生のお言葉。

先生「う〜ん。あと2年くらい通院ですね。」
私 「エッ!2、2年ですか?」
先生「いや1年くらいかも・・・」→気休めを言ってくれた。


続きを読む >>
家族・友人15:44comments(8)trackbacks(0)
bot
子供への告白
会社を辞めたことを子供に告げなくてはならない。

その日が来たんだ。

平日なのに会社行ってない。

まず21歳の娘。

私 「お父さん会社辞めたから・・・」

娘 「うん。わかっとるよ。」

私 「そうか・・・。」



続きを読む >>
家族・友人08:32comments(4)trackbacks(0)
bot
同世代のゆくえ
8/25に書いた、不思議ちゃん夫婦に会った。

不思議ちゃんに会社辞めたとメールしたら、高松に行く用があるので
会おうということになった。

夫は、上場企業に勤めるサラリーマン(高松勤務)。

でも、転勤して昇進するコースにするか、
転勤しないで、ヒラの待遇で給料も上がらずにいるコースか
選べというシステムらしい。

で、彼が選んだのは転勤しないコース。
支店長や課長はみんな年下らしい。


続きを読む >>
家族・友人07:04comments(0)trackbacks(0)
bot
親父の戦争体験
実家に帰った時、テレビで国際政治関係のニュースが流れていた。

親父がナショナリズムについて突然怒りだす。

北のせいでナショナリズムが高まり、
また、日本の指導者たちも戦争体験のない人たちばかりになり
それを懸念する人たちがいる。

私の親父がその一人だ。

親父は昭和2年生まれ。
終戦の時は18歳だった。

親父は海軍で、歌にまでなった、かの有名な予科練だった。


続きを読む >>
家族・友人13:11comments(0)trackbacks(0)
bot
子供の職場体験
中学2年生の息子が学校から企業にお願いして実施する職場体験に行った。

息子が希望したのは近くの全国的に有名なスポーツ用品量販店。

テニス部なので、本当は町の小さなテニスショップが希望だったが

小さなお店なので、受け入れ態勢がなく断念。

9時半時から16時まで初めての仕事体験。

お弁当を持って出かけていった。

16時半帰宅。

私  「で、仕事どうだった?」


続きを読む >>
家族・友人09:56comments(2)trackbacks(0)
bot
寺内貫太郎一家
批判を恐れず、ありのままのを書きます。

何を隠そう、我が家のことです。

と言っても、あの頃の亜星さんほどは太ってはいませんが・・・。(主観的意見)

それに、相手は息子(西条秀樹さんだった)ではなく、娘(22才)です。

ヒルマン監督ではないですが、普通の家庭では
「シンジラレナ〜イ!」ような、ケンカをします。

お互い本気でやり合います。

原因はいつも決まっていて、私が娘の生活態度を注意した時です。
もちろん、それだけで始まる訳でなく、それに対して
汚い言葉で口答えした時です。

その他のことは許せても、それだけは許せません。

娘の武器は「ひっかき」と「かみつき」です。

で、今私は人前に出ることができないほどの、
顔にひっかき傷ができてしまいました。

これがその顔です・・・。記念に撮ってみました(笑)。


続きを読む >>
家族・友人18:09comments(4)trackbacks(0)
bot
東京
元の会社の私の大得意先の社員で、
個人的に友達でもある人が私の慰労会を開いてくれた。

といっても私と二人だけの会だったけど。

彼は今年の4月までの一年間、東京に転勤で単身赴任していた。

彼に言わせると、「住むなら絶対東京だ。」

こちらは絶対、車がないと何も出来ない社会。

でも東京なら車なんているはずがない。
どこに行っても3分待てば電車が来る。

そういう意味で言うと、どちらが経済的なのだろう?


続きを読む >>
家族・友人14:12comments(0)trackbacks(0)
bot
ちょっと早いクリスマスコンサート
友だちの MELLOW & SWEET JAZZ バンド「みかりんトリオ」のコンサートに行きました。

東かがわ市引田町の郵便局跡の「ヌーベル・ポスト」という喫茶店です。

引田郵便局跡

この建物の内装は昔のままの木製の公衆電話ボックスや、グルグル回してかける電話機や蓄音機まである。
しかもエアコンも付けてなく、冬はまだいいのだが、夏は暑いので喫茶店の中にいられないというところ。


続きを読む >>
家族・友人08:55comments(6)trackbacks(1)
bot