Welcome to my Blog !!
毎日このままでいいのか?
でも何をしたらいいのか分からない。
そんなサラリーマンへ。
脱サラ・起業・独立・開業をめざすサラリーマンへ
自分らしく、好きなことを仕事にする生き方を提唱します。
サラリーマンの皆さん。必読です!
物語になっていますので初めての方は最初(2006.7.17)からご覧下さい。
● 自己紹介
● 日記の分類−目次−


● 最近の日記
● 過去の日記【月別】
● 最近のコメント
●お気に入り
おせっかい
おせっかい (JUGEMレビュー »)
ピンク・フロイド
「狂気」「炎」など素晴らしい作品があるが私はこれを一押ししたい。23分間のエコーズはお酒を飲みながら聞いていると宇宙にトリップしてしまう。そんな音楽は他に無い。
●お気に入り
トゥルース&ベック・オラ
トゥルース&ベック・オラ (JUGEMレビュー »)
ジェフ・ベック・グループ
ロッドスチュアート、ジミーページ、ジョンポールジョーンズが参加するまさにスーパーグループ!ブルースを渋く聞かせてくれる。
●お気に入り
ブラック・ナイト=24カラット(紙ジャケット仕様)
ブラック・ナイト=24カラット(紙ジャケット仕様) (JUGEMレビュー »)
ディープ・パープル
10代の頃聞いていた最高にカッコイイベストアルバム。
これ以上カッコイイサウンドは無し!
●お気に入り
Presence
Presence (JUGEMレビュー »)
Led Zeppelin
zep後期の最高傑作。
メタルだがブルージー。大人の音楽。
アキレス最後の戦いは特にセクシー。25歳の頃、将来コンピュータソフト会社を作ってシステムプレゼンスという社名にしようと決めていた。
●お気に入り
Slowhand
Slowhand (JUGEMレビュー »)
Eric Clapton
数あるワンダフルトゥナイトの演奏の中でもやはりこのアルバムで聞くのが一番いい!
早弾きでもスローに見えるGodhand
●お気に入り
ホテル・カリフォルニア
ホテル・カリフォルニア (JUGEMレビュー »)
イーグルス
真夏のドライブはこれしかない!言わずと知れた名曲から始まるのだが、アルバム全体のトータル感も素晴らしい1枚
●お気に入り
Harvest
Harvest (JUGEMレビュー »)
Neil Young
ニール・ヤング最高傑作
高校の文化祭で「words」を演奏しました。
ちなみにピアノを弾いておりました。
●お気に入り
シルク・ディグリーズ
シルク・ディグリーズ (JUGEMレビュー »)
ボズ・スキャッグス
お洒落な音楽とはこういうのを言うんだ!と安アパートで自分がお洒落になったような気分にさせてくれた。名曲ウィア・オール・アローン収録
●お気に入り
Blow by Blow
Blow by Blow (JUGEMレビュー »)
Jeff Beck
天才ギタリストが奏でるインストルメンタル。ジャズっぽいサウンドに酔いしれる。「哀しみの恋人たち」が切ない。次の作品「ワイヤード」の方がパワーアップしているが個人的にはこちらの方が好き。
●お気に入り
 (JUGEMレビュー »)

デジャヴ
ロック界不滅の名盤。
アコースティックギターとコーラスワークは今聞いても最高の音楽。
●リンク
●記事に関するmono
●遊びに来てくれた人
● 携帯用CODE
qrcode
● その他
Welcome to my Blog !!
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています



|-||-|-|
bot
脱サラの旅へ・・・さあ、はじまりはじまり
このブログをお読みになる方は、
次ページへ進む場合は、右上の pages >> をクリックして下さい。

では、始まります。


私が脱サラ(起業・独立)を考え始めたのは今から3年ほど前になる。
その理由は決してポジティブな理由ではなかった。
上司と意見が合わない。
仕事を正当に評価されないなど、誰もが心に感じてるけどがまんしているようなことだ。
しかし、実際に会社を辞めてどうやって生きていけるのか?
妻も子供もいる。住宅ローンもあと何十年も残ってる。

しかも私には何の技術もとりえもないではないか!
そんな私がどうやって脱サラ(起業・独立)を決意できたのか?

これから脱サラ(起業・独立)をめざす普通のサラリーマンのために日記を綴ることにした。
人気ブログランキング


続きを読む >>
脱サラ20:47comments(4)trackbacks(0)
bot
決意のきっかけは・・・
今はまだきっかけとなる事件を赤裸々に語ることができない。
そんな暗い話は今したくないのだ。
でもいつかはこの日記で語ることになるだろう。
これから脱サラをめざす人のために・・・。
笑って話せる日が絶対にくるんだ・・・。

でもひとつだけ言っておこう。

もうここでは自分自身の中で積み上げていくものがないんだ。
時間がもったいないんだ。
このまま年をとっていくのは嫌だ・・・。


続きを読む >>
脱サラ20:24comments(2)trackbacks(0)
bot
ではどんな仕事がしたいのか?
まず絶対嫌なことを挙げてみる。

朝は早くてもいい。夜明けからでも良い。
でも夜は前述の理由があり18時くらいまで。

営業時間を毎日何時から何時までと人に決められるのは嫌だ。
つまりフランチャイズのお店は無理だ。

スーツを着たり、ネクタイを締める仕事は嫌だ。
保険代理店などは無理だ。
(元同僚で現在損害保険代理店をやっている同年代の友達がいるが儲かっているようだ。羨ましい。自動車保険はもちろん彼に任せてる)

消耗品以外の在庫を置く仕事。
在庫ではいつも苦しんでいる。絶対嫌だ。

中国からの輸入品を誰よりも安く大量に売ること。
絶対嫌だ!


続きを読む >>
脱サラ13:43comments(3)trackbacks(0)
bot
まさか!子猫を拾ったことがすべてのはじまりに・・・
何も決まらないまま、いつものように忙しさに流されて生活している。

3年前のある春の日、娘が子猫を拾ってきた。
拾ってきたというよりも家の前に捨てられていたのだ。
生後1ケ月くらいだろうか?
小さくて可愛い、まだ赤ちゃんだ。

しかしこのことが私の新しい仕事を考える第一歩になろうとは・・・。
その時はもちろん思いも寄らぬことだった・・・。



続きを読む >>
脱サラ13:44comments(0)trackbacks(0)
bot
新しい家族との出会い
夏のある日、娘から電話が鳴る。
「今すぐペットショップに来て!」
何か嫌な予感。
しかたなく行くことに。

「見て見て。可愛い!」

こんどは犬か!?

目に留まったのは体長30僂△襪ないかのミニチュアダックス。♂
毛色はクリーム。

「確かに。ちっちゃくて可愛い!」
声には出さず、心の中でつぶやく。


続きを読む >>
ワンちゃん18:02comments(0)trackbacks(0)
bot
えっ!血便が・・・
そう言えばsoraはペットショップで、レジのお姉さんの近くでダンボール箱の中に入れられていた。
たぶん、ブリーダーさんの元から来て間もなかったのだろう。
そして我家に来たのは生後53日目だった。

しかしその日から血便が出るなんて・・・。


続きを読む >>
ワンちゃん14:02comments(1)trackbacks(0)
bot
よし、これで行こう!
2年前の冬。
いつものように出張に出る。
新幹線の中は最高の読書タイムだ。
今日は起業雑誌「月刊アントレ」を読む。

毎月購読している訳ではない。
いつ見ても「これは」と思うものがない。
こうゆうふうに時間ばかり経っていた。

しかし今回ばかりは違った。

ん!子犬の通販?
インターネットで子犬をブリーダーさんから直送するビジネスモデル。

「これだ!」

以前から自分の中で引っ掛かっていたこと。


続きを読む >>
脱サラ11:44comments(0)trackbacks(0)
bot
何事もやってみないと分からない!
子犬のネット通販のことだけど・・・。
今言えるのは、「やって良かった!」と言うこと。
いいえ、成功したんじゃないんです。
失敗したから分かったんです。
(成功しない方法を見つけたとも言います。)

しかし、ワンちゃんの通販はあくまでも副業として位置づけ、勉強と割り切っていた。
情報産業ほど移ろい易いものはないと思うから・・・。

私は20代はメーカー系のシステム会社でコンピュータのシステムエンジニアをしていた。


続きを読む >>
脱サラ11:53comments(2)trackbacks(0)
bot
さあホームページの作成だ!
まずトップページをどうするのか?
これが一番大事だからね。
実はホームページのことはさっぱり分からない。
シシテムエンジニアをやっていたといっても、もう20年も前のこと。
その頃は、インターネットはなかったから。

本部のアドバイスで本部が契約しているプロのクリエーターに頼むことに。
う〜ん。今から思えばまずここでもうつまずいている。


続きを読む >>
脱サラ10:00comments(0)trackbacks(0)
bot
で、そのホームページおいくら?
1ページ 7,000円x13ページで91,000円
あとドメイン登録費用(私の場合.comにしました)とサーバー年間契約料で約70,000円(初年度)
計 約160,000円でした。

何度も言いますが、私のアイデアはトップページのみ。
つまりあと12ページは本部のコンテンツです。
店名などを変更するだけでokですね。
でも考え方によれば、それはしかたないかもしれないです。
本部のコンテンツを使用させて頂くのですから・・・。
また別の考え方によると「じゃあ何のために加盟料金払ってるの?」とも言えますね。

何事もそうですけど、知らないことは罪です。


続きを読む >>
脱サラ14:35comments(0)trackbacks(0)
bot